鎌倉 巨福呂坂

巨福呂坂(こぶくろざか)は、建長寺と鶴岡八幡宮の間にあり、「鎌倉七口」または「鎌倉七切通し」と呼ばれる鎌倉への入口の一つである。写真は、現在の小袋坂(こぶくろざか)の落石防御施設で、切通しの雰囲気を残すために、天井部分が空いた構造になっている。

DSC_0300.jpg
Nikon D600 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR, F5, JPEG