オリンパスブルー

「オリンパスブルー」と言う言葉を今でも良く聞く。見た目よりも鮮やかなコバルトブルーを意味し、その昔、オリンパスがコダックの撮像素子を使っていたため「コダックブルー」から派生して言われるようになった。デジタルの画質は撮像素子よりも画像処理によるところが大きいので、今では、オリンパスの青だけが特に優れていると言うことはないだろう。ただ、オリンパスの画像は、Jpegからの補正でも満足いく色合いに仕上がることが多いので、RAWから現像することが少ないのは確かだ。

P2010058.jpg
Olympus E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO, F9, JPEG