玉ボケの比較

明るい単焦点レンズが増えてきたので、玉ボケを比較してみた。玉ボケは蛍光灯の光の反射で作っている。比較しやすいように、ざっくりだがトリミングで写真の大きさを調整している。

XF35mmF1.4 R。開放で少しレモン形になっているが、玉ねぎボケは見られずキレイである。
XM1-2025a.jpg
X-M1 + XF35mmF1.4 R, F1.4, JPEG

Pentax FA 31mmF1.8AL Limited。こちらも玉ねぎボケにならずにキレイである。
K3II-0350a.jpg
K-3 II + smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited, F1.8, JPEG

FA 31mmF1.8AL Limitedをアダプターを介してα7R IIに装着。同じレンズなので玉ボケはほぼ同じ。
A7R2-01937a.jpg
α7R II + smc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited, F1.8, JPEG

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAも玉ねぎボケにならずにキレイだ。
A7R2-01946a.jpg
α7R II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA, F1.8, JPEG

Distagon T* FE 35mm F1.4 ZAは残念ながら軽い玉ねぎボケが見られる。
A7R2-01932a.jpg
α7R II + Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA, F1.4, JPEG

FE 28mm F2も軽い玉ねぎボケ。
A7R2-01945a.jpg
α7R II + FE 28mm F2, F2, JPEG

FE 90mm F2.8 Macro G OSSは玉ねぎまでは行かないが若干スジが見られる。F値が2.8と高いため、絞り羽根の形状も見える。
A7R2-01950.jpg
α7R II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS, F2.8, JPEG