HDRへの入り口

Photomatixというソフトを導入し、HDRもどきを試してみた。HDRとは露出の異なる複数の写真を合成するテクニックで、通常-2, 0, +2EVの3枚を合成するのが良いらしい。Photomatixは、ブラケット撮影した複数の写真をうまく合成し、出来栄えを加工するためのソフトである。最新版のPhotomatix Pro 5では、1枚のRAWファイルから露出の異なる写真を自動生成してHDR合成する機能が追加されている。

この機能を使えば過去に撮影したままで眠っている写真が蘇るかも知れない。

あまりきれいな景色ではなかったので、RAWファイルを見ただけで放置していた写真をPhotomatixで現像した。仕上げは「デフォルト」を使用。
D600-1557_デフォルト
D600 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR, 1/60sec, F8, ISO3200, RAW, Photomatix

「絵画風4」を選んでみた。
D600-1557_絵画風4
D600 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR, 1/60sec, F8, ISO3200, RAW, Photomatix

Lightroomで現像した写真。HDR風に見えなくもない。
D600-1557.jpg
D600 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR, 1/60sec, F8, ISO3200, RAW, LR