D750ファーストインプレッション

D750が届いたのでファーストインプレッションを書いておく。
当初はボディだけ購入する予定だったが、24-120 VR キットのお得感に負けて24-120mm f/4Gも合わせて入手した。このレンズは以前D600と組み合わせて使っていて一度手放したのだが、こうして再び所有することになった。24-120mm f/4Gは色乗りの良いレンズで、D600で撮った緑の美しさが印象に残っている。但し、開放での周辺減光が激しく、メインの標準ズームとしては不満があったため、24-70mm f/2.8Gに乗り換えたのだ。24-70mm f/2.8Gを所有している今では、色乗りが良く、ズーム範囲も広く、VRが付いているレンズとして、追加で持っておく意味はあるだろう。小型軽量のD750と組み合わせて、レンズ1本で気軽に出かけることもできる。

カメラは小さめでもレンズキットの箱は大きい。隣はD810ボディの箱。
RX100-00343.jpg

D750を手に持ってみて、改めて「軽っ、薄っ」と感じる。D810を持ってからD750を持つと「小さっ」と感じ、D750を持ってからD810を持つと「デカッ」と感じる。D750はニコンの一眼としては薄さが際立っており、そのためグリップが深くて持ちやすい。薄さは表示パネルの大きさに現れており、D810と比べると表示パネルが縦に狭く、情報量も少ない。(大きな問題ではないが。)
ファインダーはD810の方が若干見やすく感じるが、大きな差はない。シャッター音はうるさくはないが、D810の方が静かで軽快な印象だ。D750の方がミラーショックが大きく、ややメカニカルな音になっている。

小さくて持ちやすいボディも魅力だが、小さいがゆえに縦グリップを装着して、さらに持ちやすくしても楽しめると感じた(後日入手してみたい)。

D810と同様、D750もホットシューカバーが付属していないので、別途購入した。
RX100-00354.jpg