D750のインパクト

D750の導入を機に、カメラ構成を刷新することにした。
<D750>
 D750を選んだ理由はグリップの改善とチルト液晶である。D800をメインにしてから、Nikonの他機種のグリップが好きになれず、サブカメラにNikon機を導入するのをためらっていた。このタイミングで、グリップの良いチルト液晶のNikon機が登場したとあれば、D810のサブ機として導入しないわけにはいかない。
<α7>
 α7はフルサイズミラーレスの可能性を確認するために導入したのだが、結果としてD800と比べても遜色のない見事な写真が撮れることが分かった。但し、今後フルサイズEマウントレンズの充実には時間がかかるため、D750の導入を機に手放すことにした。
<GX7>
 カメラを趣味とした時に初めて手にしたのがM4/3機であるのと、LEICAレンズの写りも気に入っていたのだが、こちらもD750の導入を機に手放すことにした。基本的にはセンサーサイズ信者なので、M4/3機はいずれ手放す予感はしていた。
<LX100>
 GX7の穴を埋めるべく導入を決定した。4/3型センサーを積んでいる上にLEICAレンズ搭載とあっては、まさにうってつけのコンデジである。さらに、マルチアスペクトでNikonやSONYと同じ3:2のアスペクト比に統一できるのも便利。ダイヤルやボタン類も多く操作性に優れており、4K PHOTOにも対応している。唯一残念なのはチルト液晶がないことだが、それ以外は機能満載で楽しみなカメラだ。コンデジでは、1型センサーのRX100M3も所有しているが、まだ物足りなさを感じており、2倍のセンサー面積を持つLX100の写り(GX7相当を想定)に期待している。

D810-0470.jpg
D810 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR, F4, JPEG