夕暮れ時

こう暑い日が続くと夕暮れ時にしか外出したくなくなる。D810 + AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, F2.8, ISO720, RAW...続きを読む >

天空のダリア祭り

α7R IIの軍資金として手放すことにしているNIKKORレンズを持ち出し、最後の撮影を行った。(最終回)「ぐりんぱ」に足を伸ばして、天空のダリア祭りを撮影した。残念ながら、見頃と言うには程遠い状態だった。梅雨明けの炎天下の中、花を維持するのは大変そうだ。富士山は、発達した雲にすっかり覆われている。D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED, F8, JPEG青空を背景に、F14まで絞って撮影。D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G, F14,...続きを読む >

赤っぽい富士

α7R IIの軍資金として手放すことにしているNIKKORレンズを持ち出し、最後の撮影を行った。山中湖から後ろを振り向くと朝日を浴びて富士山が赤く染まって見えたので、慌てて移動して撮影した。朝日による赤はほとんど消えてしまっていたが、赤っぽく見えたのは赤土の影響もあるのかも知れない。いずれにしろ、富士山はじっくり撮影しないとシャッターチャンスを逃すので注意が必要だ。D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G, F4, JPEG...続きを読む >

夜明けの山中湖

α7R IIの軍資金として手放すことにしているNIKKORレンズを持ち出し、最後の撮影を行った。山中湖に移動し、湖と日の出の風景を撮影した。このレンズを手放すと、14mmの広角撮影は当分出来そうにない。D810 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, F4, JPEGソフトフィルターを使って星の撮影に活躍したレンズ。この日の夜は雲が多く、残念ながら最後に星の撮影をすることはできなかった。D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED, F2.8, JPEG...続きを読む >

富士山と雲

α7R IIの軍資金として手放すことにしているNIKKORレンズを持ち出し、最後の撮影を行った。夜明け前の富士山を撮影。山小屋や登山客の明かりが一晩中灯っていた。この撮影なら明るい単焦点でなくても良さそうだ。但し、D810に35mm f/1.4Gとレンズフードをつけた状態は、コンパクトでカッコ良く気に入っていた。Eマウントにも明るい単焦点が増えてきているので、いずれ触手を伸ばしそうな予感。D810 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G, F2.8...続きを読む >

台北101

台北のシンボルとなっている101の下からと上からの眺めをRX100M3で撮影した。RX100M3, F2.8, JPEGRX100M3, F6.3, JPEG...続きを読む >

α7R IIの誘惑

α7R IIのニュースに触れ、カメラとレンズの整理を決断した。無印のα7は以前所有していたことがあり、D800と比較しても写真の仕上がりは遜色ないと感じていたが、その時はEマウントレンズの充実が待てずにα7を手放している。今後は、D810とα7R IIのガチンコ対決となる。当初準備するEマウントレンズはSEL1635ZとSEL24240だけだが、今後使い比べた印象によっては、Eマウントに一気に移行する可能性もゼロではない。本日手元に届いたE...続きを読む >

梅雨の日の写真2

こちらは、RAWファイル1枚からPhotomatixで絵画風に仕上げた。D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED, F8, RAW, Photomatix, LRD810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED, F8, RAW, Photomatix, LR...続きを読む >

梅雨の日の写真1

最近雨ばかりでパッとした写真が撮れないので、ソフト処理に頼ることにした。RAWファイルをTopaz Adjustで処理(スパイスを選択)した後、TIFFファイルに出力。出力したTIFFファイルをLRで読み込んで最後の調整を行い、JPEGに書き出している。この写真でオイルスポットが5か所ほど見つかったので、D810をセンサークリーニングに出すことにした。D810の保証期間がもうすぐ切れるので、無償でのクリーニングはこれが最後になる。カメ...続きを読む >