記事検索: AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

α7R IIの軍資金として手放すことにしているNIKKORレンズを持ち出し、最後の撮影を行った。山中湖に移動し、湖と日の出の風景を撮影した。このレンズを手放すと、14mmの広角撮影は当分出来そうにない。D810 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, F4, JPEGソフトフィルターを使って星の撮影に活躍したレンズ。この日の夜は雲が多く、残念ながら最後に星の撮影をすることはできなかった。D810 + AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED, F2.8, JPEG...

2015/07/21 (Tue) 00:00 | D810

昨年11月に撮影した写真。ここから竜頭の滝の駐車場まで歩いて戻った。小田代ヶ原では専用の低公害バスも運行されている。D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, F9, RAWD800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR, F9, RAWD800 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR, F9, RAW...

2014/11/04 (Tue) 00:00 | D800

昨年の11月に奥日光を訪れた時の写真をアップする。今年の秋は忙しくて訪れることはできそうにない。かなりの逆光の中で撮影。ゴーストの発生していない写真を選択。フィルターが使えないので、F22まで絞って撮影した。奥に見えるのが中禅寺湖。D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, 24mm, 1/25sec, F22, ISO100, RAW...

2014/11/01 (Sat) 00:00 | D800

星の撮影 体験記の最終回。高ボッチ高原で撮影した真夜中(2時過ぎ)の写真。この時間になると気温がだいぶ下がり、結露が気になり始める。F2.0に絞ることで周辺でのコマ収差が若干改善されている。まだ残っているのでさらに絞りたいところだが、これ以上絞るとNIKKOR 14-24mm f/2.8Gに対するアドバンテージがフィルターワークだけになってしまう。木の間から明るく光るシリウス、オリオン座、おうし座、プレアデス星団(すばる)...

2014/10/01 (Wed) 00:00 | D810

NIKKOR 14-24mm f/2.8Gを使って、高ボッチ高原の天の川を撮影した。開放でも周辺まで綺麗に写っているのは素晴らしいの一言。このレンズ用のフィルターは持っていないので、ソフトフィルターは使用していない。地上の光は、高ボッチ高原でキャンプしている車やテントからの明かり。D810 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, 14mm, F2.8, 30sec, ISO800, JPEGカメラを上に向けて、満天の星空と天の川を撮影。D810 + AF-S NIKKOR 14-24...

2014/09/30 (Tue) 00:00 | D810

神奈川県湯河原町の星ヶ山公園で、文字通り星の撮影を行った。残念ながらこの場所は光害がひどく、星の撮影にはあまり適していないようだ。星野写真には、NIKKOR 14-24mm f/2.8Gが一番と言われているが、簡単にフィルターを使えない欠点がある。今回、NIKKOR 24mm f/1.4Gとソフトフィルター(Kenko PRO SOFTON-A)を用いて、フィルターワークの確認を行った。(撮影日は4月下旬)まず、明るいレンズでファインダーを覗くと夜でも構...

2014/09/28 (Sun) 00:00 | D800

赤道儀を試したのは昨年の10月中旬。場所は栃木県那須塩原市で、山道の途中の展望台駐車場。肉眼で見る星は圧巻だったが、実際に撮影してみると、ふもとの街からの光害の影響が意外と大きかった。赤道儀の軸合わせに試行錯誤したが、この写真では120秒の露光でも星が点に写っており、軸合わせはうまく出来ている。軸合わせがうまく行っているかを調べるために、絞りを大きくしている。長秒時ノイズ低減をサボったからか、この写真...

2014/09/27 (Sat) 00:00 | D800

電線が邪魔ですが、夕日と雲の写真をD810とRX100M3で比較した。D810 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, 24mm, 1/1000sec, F5.6, ISO100, JPEG無謀な対決かと思ったが、RX100M3も意外と善戦している。RX100M3, 24mm相当, 1/1000sec, F5.6, ISO125, JPEG...

2014/08/11 (Mon) 00:00 | D810

猛暑の中、富士五湖の一つである本栖湖を訪れた。残念ながら、雲が多く富士山がどこにあるかも分からない状態だった。本栖湖は、東京からは最も奥に位置するため訪れる機会が少ないが、行って見ると水がきれいで、ウインドサーフィン、カヌー、スキューバダイビングなどのマリンスポーツが盛んに行われていた。まるで海のような水の青さが印象的。D810 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED, F8, JPEG広角で撮影。景色もさることながら...

2014/07/27 (Sun) 00:00 | D810

銘玉と言われるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDがある中で、AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDが必要となる理由はいくつか挙げられる。①開放F値1.4は、ボケにくいと言われる広角域でもボケを楽しめる。②明るいレンズは、星の撮影など、暗い場所の撮影に有利となる。③14-24mm f/2.8Gに比べると小型・軽量で扱いやすい。④14-24mm f/2.8Gと違い、各種レンズフィルターが使える。以下に、AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDとAF-S NIKKOR 14-24mm f/2...

2014/05/06 (Tue) 00:00 | D800

城南島海浜公園は、羽田空港から飛び立った飛行機を撮影するポイントで、飛行ルートによっては、ほぼ真上を通過するので迫力のあるサウンドも楽しめる。ポケモンジェットが近くを通過。Nikon D600 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR, F8, JPEGNikon D600 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR, F11, RAWあまり意味はないが、広角で撮影。Nikon D600 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, F8, JPEG...

2014/02/01 (Sat) 00:00 | D600

最短撮影距離の短いレンズ(寄れるレンズ)は使いやすい。最短撮影距離が30cm以下だと寄れると感じるが、焦点距離が標準領域で最短撮影距離が50cm以上だと、使っていてピントが合わない時がままあるので、使いにくいと感じてしまう。また、焦点距離が長くて寄れるレンズは撮影倍率も高くなり、マクロ的な使い方も可能になる。現在所有しているレンズの最短撮影距離と最大撮影倍率を表にしてみた。Nikkor 35mm f/1.4Gは寄れるレンズ...

2014/01/14 (Tue) 00:00 | カメラ関係

SpyderLensCalを使ってみた。これは、AFが合っているかを確認するためのツールで、カメラにAF調節機能が付いていれば、自分でAFの調整ができる。D800には「AF微調節」機能があり、レンズ毎に調節値を保持できる。実際に試行錯誤しながらやってみたが、かなり微妙な調整になり、意外と難しかった。D800ではライブビューのAF撮影時は「AF微調節」値は適用されない。これは、ライブビューでは、拡大するなどしてピントを確認できるの...

2013/12/15 (Sun) 00:00 | カメラ関係

報国寺は駅から少し離れているので、観光客が比較的少なく落ち着いて見学できる。竹林(竹の庭)で有名だが、竹林以外にも禅寺らしい美しい景観が楽しめる。竹の庭以外は拝観無料。三脚は禁止。奥に見えるのが休耕庵。Nikon D800 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED, F4, RAWNikon D800 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G, F1.8, JPEG報国禅寺、お勧めです。Nikon D800 + AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G, F1.8, RAW...

2013/12/08 (Sun) 00:00 | D800
FC2 Management